>

クラウドインフラ構築記

現在AWSの構築支援に携わっております。今注視しているのは、GKE、BigQuery、Google Dataflowなどサービスを展開しているGoolge Cloud Platformです。

振り分けを行えるmaildrop導入メモ


qmailの環境でメールフィルタを行うmaildropを導入してみました。

rpmパッケージを作成するところから


wget https://sourceforge.net/projects/courier/files/maildrop/2.6.0/maildrop-2.6.0.tar.bz2/download

rpmbuild -ta --clean maildrop-2.6.0.tar.bz2

フィルタファイルの作成は以下の通り。


SHELL="/bin/bash"
import EXT
import HOST
DELIVER="|/home/vpopmail/bin/vdelivermail '' delete"
VHOME=`/home/vpopmail/bin/vuserinfo -d $EXT@$HOST`
logfile "/home/vpopmail/.maildrop.log" # ログを記録用
# SpamAssassinによるスパムチェック
# ※fetchmail取り込みメールのスパム検査未実施対処
if (!/^X-Spam-/:h)
{
exception {
xfilter "/usr/bin/spamc"
}
}

#SPAM filtering
if ( /^X-Spam-Flag: YES/:h )
{
 to "$VHOME/Maildir/.spam/"
}
# その他のメールは通常どおりに配送

to "$DELIVER"

.qmail-defaultに以下のように設定すれば、vpopmailでバーチャルドメインを管理している場合、ドメイン一括でスパムフィルタを掛けることができます。maildroprcのファイルパーミッションを600にしておかないと、いけないようです。


| maildrop /home/vpopmail/etc/maildroprc

Clamassassinを利用して、clamav antivirusと連動することもできるようです。

コメントは受け付けていません。