>

クラウドインフラ構築記

現在AWSの構築支援に携わっております。今注視しているのは、GKE、BigQuery、Google Dataflowなどサービスを展開しているGoolge Cloud Platformです。

eclipseの64-bitへの対応


Javaの統合開発環境であるeclipseは3.6 (コードネームHelios)以降でないと、64-bitに対応していません。32-bitだと使用できるメモリ制限(4M)があるから、JavaFXでリッチアプリケーションを開発する場合、64-bitの方がよろしいかと。リッチアプリケーションだと動画再生など扱うので、使用できるメモリはあったほうがいい。

まあeclipse 3.5ごろまでは、32-bitが主流であったからいたしかたないか。

また、VMware vSphere 5(ESXi5)からは、32bitマシンは切り捨てられ、64bitマシンのみ対応ということからも32bitのサーバーは今後ないかと。(コア数もマルチ(2~4)があたりまえ)

コメントは受け付けていません。