クラウドインフラ構築記

現在AWSの構築支援に携わっております。今注視しているのは、GKE、BigQuery、Google Dataflowなどサービスを展開しているGoolge Cloud Platformです。

CF-W5のSSD換装編


SSDが届いたので、CF-W5のHDD交換作業を行いました。

P1000300


SSDドライブをUSB-IDE変換器を使って、let’s note CF-W5のUSBに接続します。


まず、EASEUS Disk CopyでHDDからSSDにディスクコピーを行いました。所用時間30分程度。

EASEUS Disk Copyはウィザード形式で移行元、移行後ディスクを選択していけば簡単にディスククローンが作成できます。

ライセンス認証もそのまま引き継いでくれて、移行もすんなり完了。

P1000301

CF-W5の分解方法はここ が詳しいです。キーボードを接続しているフラットケーブルを再接続する際、コネクタのラッチを右側にずらさないと、フラットケーブルが入りません。

換装前後のディスクアクセス速度を掲載します。

SSD換装前

disk_bench_before

SSD換装後

ssd_bench_after

ネット上の情報通り、ディスクアクセス速度が向上しています。

パフォーマンスの情報とツールでも、プライマリディスクのスコアも5.9にあがりました。

Windowsの起動、アプリケーション等も速くなっているようです。ディスクアクセス音がなくなった位、静音になりました。

コメントは受け付けていません。