>

クラウドインフラ構築記

現在AWSの構築支援に携わっております。今注視しているのは、GKE、BigQuery、Google Dataflowなどサービスを展開しているGoolge Cloud Platformです。

SSD 4Gプランへの切替を行いました。


SSD 4Gプランを追加契約を行い、nginx、postfix、growthforecast等の設定を行い、先ほどSSD 4GのサーバーへのDNS振替(Route53)を実施致しました。

なお、本記事が閲覧できる場合は、新サーバーを参照できております。

新機能(SSDによるパフォーマンス確認、IPv6、ローカル接続)についても随時検証をしていきたいと考えております。

2Gから4Gにメモリ増えたのも要因かもしれませんが、SSDプランの方が体感的に速いような。

bonnie++ -d /tmp/ -n 256:4096:512:16 -s 2048 -r 1024でのDisk IOの結果。

元サーバー さくらのVPS 2G(v3) 

Version 1.96 ------Sequential Output------ --Sequential Input- --Random-
Concurrency 1 -Per Chr- --Block-- -Rewrite- -Per Chr- --Block-- --Seeks--
Machine Size K/sec %CP K/sec %CP K/sec %CP K/sec %CP K/sec %CP /sec %CP
www3098uf.sakura 2G 608 99 190242 94 93940 23 3408 92 409826 32 4841 65
Latency 16680us 447ms 232ms 53524us 31293us 71657us
Version 1.96 ------Sequential Create------ --------Random Create--------
www3098uf.sakura.ne -Create-- --Read--- -Delete-- -Create-- --Read--- -Delete--
files:max:min /sec %CP /sec %CP /sec %CP /sec %CP /sec %CP /sec %CP
 256:4096:512/16 26553 88 110301 97 43831 95 31650 90 46157 60 21811 67
Latency 386ms 15156us 116ms 52726us 237ms 179ms

さくらのVPS (v3) SSD 4G


Version 1.96 ------Sequential Output------ --Sequential Input- --Random-
Concurrency 1 -Per Chr- --Block-- -Rewrite- -Per Chr- --Block-- --Seeks--
Machine Size K/sec %CP K/sec %CP K/sec %CP K/sec %CP K/sec %CP /sec %CP
ns.xxxxxxxxxxxx 2G 677 99 818825 99 616886 84 4800 99 1665045 99 +++++ +++
Latency 17014us 1054us 79376us 2527us 90us 7077us
Version 1.96 ------Sequential Create------ --------Random Create--------
ns.totalsolution.bi -Create-- --Read--- -Delete-- -Create-- --Read--- -Delete--
files:max:min /sec %CP /sec %CP /sec %CP /sec %CP /sec %CP /sec %CP
 256:4096:512/16 39736 84 128410 98 53087 95 38316 83 63253 57 24045 59
Latency 85345us 3742us 117ms 83003us 109ms 153ms

VPSの場合、ファイアウォールで仮想マシンで行うようになるので、パケット自体は仮想マシンまで流れてきてしまいます。
その反面、AWSのセキュリティグループは、仮想マシンの上位でブロックしてくれるので、仮想マシンへの負荷はその分下がられると思われます。

コメントは受け付けていません。