>

クラウドインフラ構築記

現在AWSの構築支援に携わっております。今注視しているのは、GKE、BigQuery、Google Dataflowなどサービスを展開しているGoolge Cloud Platformです。

Local SSD転送計測してみました。 #gcpja


Google Compute Engine のLocal SSD計測結果です。以下に記載されている情報です。

https://cloud.google.com/compute/docs/local-ssd#replicating_local_ssd_performance

NVMEに対応しているのは、現状Debian v7のみです。まずインスタンス起動から

NVMEのCentOS系OS使えるようにならないか。gcloud compute images create から、現時点ではNVMEイメージ作れなそう。

gcloud compute instances create local-ssd-instance-nvme \
 --machine-type n1-standard-8 \
 --zone asia-east1-b \
 --local-ssd-count 2 \
 --local-ssd-interface NVME \
 --image nvme-backports-debian-7-wheezy-v20140926 \
 --image-project gce-nvme

-local-ssd-count 2としたので、google-local-ssd-0、google-local-ssd-1のデバイスが作成されました。

# /usr/share/google/safe_format_and_mount -m "mkfs.ext4 -F" /dev/disk/by-id/google-local-ssd-0 /mnt/ssd0

300GBのSSDディスクが使用可能

# df -h /mnt/ssd0/
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/nvme0n1    369G   67M  351G   1% /mnt/ssd0
# mv blkdiscard /usr/bin
# blkdiscard /dev/disk/by-id/google-local-ssd-0
  • full write pass
sudo fio --name=writefile --size=100G --filesize=100G \
--filename=/dev/disk/by-id/google-local-ssd-0 --bs=1M --nrfiles=1 \
--direct=1 --sync=0 --randrepeat=0 --rw=write --refill_buffers --end_fsync=1 \
--iodepth=200 --ioengine=libaio

WRITE: io=102400MB, aggrb=572807KB/s, minb=572807KB/s, maxb=572807KB/s, mint=183059msec, maxt=183059msec

100G書き込みのに、3分(=183059msec)

  • rand read
sudo fio --time_based --name=benchmark --size=100G --runtime=30 \
--filename=/dev/disk/by-id/google-local-ssd-0 --ioengine=libaio --randrepeat=0 \
--iodepth=128 --direct=1 --invalidate=1 --verify=0 --verify_fatal=0 \
--numjobs=4 --rw=randread --blocksize=4k --group_reporting

READ: io=23317MB, aggrb=795648KB/s, minb=795648KB/s, maxb=795648KB/s, mint=30009msec, maxt=30009msec

100Gランダムリードで、0.5分(=3009msec)

  • rand write
sudo fio --time_based --name=benchmark --size=100G --runtime=30 \
--filename=/dev/disk/by-id/google-local-ssd-0 --ioengine=libaio --randrepeat=0 \
--iodepth=128 --direct=1 --invalidate=1 --verify=0 --verify_fatal=0 \
--numjobs=4 --rw=randwrite --blocksize=4k --group_reporting

WRITE: io=16667MB, aggrb=568777KB/s, minb=568777KB/s, maxb=568777KB/s, mint=30007msec, maxt=30007msec

100Gランダムライトで、0.5分(=3009msec)

n1-standard-8相当のm3.2xlarge、Ubuntu 14 HVMでもインスタンスストレージにSSDが使えるので、試そうとしましたが、full write passやってみましたが、時間かかり過ぎるので、なんかおかしいと思い、調査中ですので少々お待ちを。

コメントは受け付けていません。